メインイメージ

京都旅行で秋祭りへ

皆さん、こんにちは!

 

八月も今日で終わりですね~

まだまだ京都は暑いですが(*_*;笑

夏祭りや花火大会はほとんど終わってしまいましたが、9月に入ると秋祭りがやってきます(^^♪

ということで、京都秋のイベントをまとめてみましたのでこれから京都に遊びにいらっしゃる方は是非チェックしてみて下さいね!

 

◆八朔祭

八朔とは旧暦8月1日(朔日)のことです。このころ台風や害虫の被害が多いため風雨順調、五穀豊穣、家内安全を祈願します。嵯峨六斎念仏踊(無形文化財)、鎌倉時代から続く八朔相撲、女神輿の巡行、子ども神輿のお練り、上桂御霊太鼓などが奉納され、前日の日没後は境内のちょうちんに灯が入れられ、ブライダルショーや盆踊りが行われるそうです。

2018年9月1日(土)・2日(日)
1日 17:30~群太鼓、18:30~神結びブライダルショー、19:00~江州音頭盆踊り大会
2日 8:00頃~八朔相撲、8:30~15:00頃 女神輿嵐山巡行、13:00~上桂御霊太鼓、14:00~子どもみこしおねり、16:00~嵯峨六斎念仏踊

場所 松尾大社

 

◆重陽祭

平成9年に約130年ぶりに再興した由緒ある神事になります。重陽祭は9月9日の重陽の節句を祝うもので、江戸時代末期まで神仏習合の様式により盛大に斎行されていました。美容・健康向上を祈願して、菊の花をお供えし舞楽が奉納される優雅な神事です。祭典終了後、参拝者・見学者に菊酒が無料で振る舞われます。
※菊酒の無料接待は、なくなり次第終了だそうです!

2018年9月9日(日)
13:00~14:00頃

場所 車折神社

 

◆石清水祭

石清水祭と賀茂祭(葵祭)、奈良・春日大社の春日祭の三つを三大勅祭といいます。勅祭とは神社に天皇の使者(勅使)が派遣されて行われる祭りのことです。儀式は2:00から始まり、3:00からの神幸行列は3基の御鳳輦(ごほうれん)に総勢500余人のお供が付き従い、平安の王朝絵巻を見ているかのような気分になれます。9:00頃からは、魚は川に、鳥は空に放って生きとし生けるものの平安と幸福を祈りつつ放生行事が行われます。貞観5年(863)から始まり、平安の古式を今に伝える祭りは、国家の安泰と国民の繁栄幸福を祈念する重要なお祭りです。

2018年9月15日(土)
2:00~

場所 石清水八幡宮

 

◆義経祭

鞍馬弘教の総本山で、鑑真和上の高弟、鑑禎(がんちょう)上人が宝亀元年(770)、草庵を結び毘沙門天を安置したのがはじまりとされる鞍馬寺。源義経は7歳から約10年間、この鞍馬の地で過ごし、その御魂は遮那王尊として鞍馬の奥の院の義経堂に祀られています。毎年9月15日は義経を讃え、法要や武道の奉納などが執り行われています。

2018年9月15日(土)
11:00~

場所 鞍馬寺

 

◆豊国神社 例祭・献茶祭

豊臣秀吉を祀る豊国神社は大阪の陣後、徳川幕府によって廃祀されましたが、明治13年(1880)明治政府が秀吉の徳を称えて方広寺大仏殿跡に再興されました。旧暦8月18日が秀吉の命日にあたることから、毎年9月18日は例祭、19日には茶道・藪内流による献茶祭が行われます。例祭は、招待客以外参列はできませんが、舞楽奉納などは見ることができるそうです!献茶祭は秀吉と北政所を祀る貞照神社の御神前に、濃茶、薄茶が奉献されます。

2018年9月18日(火)・19日(水)
18日 11:00~ 例祭
19日 10:30~ 献茶祭

場所 豊国神社

 

◆晴明祭

9月23日の秋分の日に執り行われる晴明祭は、晴明神社で最も重要な祭儀です。前夜の宵宮祭の迎え提灯や湯立神楽にも人々が多く訪れます。秋分の日は朝から氏子らが参列して献花や献茶が行われ、露店も並んでにぎわいます(*’▽’)13:00からの神幸祭では3基の神輿の渡御もあり、少年鼓笛隊を先頭に菊鉾、御神宝、 飾馬などに晴風稚児、八乙女たちが独特の美しい衣装姿で神輿のお供をします。 

2018年9月22日(土)・23日(日)
22日19:00~、23日10:00~

場所 晴明神社

 

夏祭りに負けないくらい豪華なお祭りが沢山ですね!

素敵な京都の秋祭りにお着物を着て参加しませんか?

 

レンタル着物夢美人ではお着物&浴衣を1900円からご用意しております(*^_^*)

他にもさらっとした素材の夏着物や微妙な気温にちょうど良い単衣の着物などなど!!

お振袖やお太鼓帯もできます♪

 

 

レンタル着物夢美人のインスタグラムにお着物&浴衣等々のお写真をアップしていますので是非ご覧くださいね(^^♪

〇祇園本店 Kyoto_kimono_rental_yumebijin

 

〇京都駅前店 rental.kimono.yumebijin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都/京都市/着物/きもの/レンタル/着物レンタル/レンタル着物/浴衣/ゆかた/浴衣レンタル/レンタル浴衣/祇園/白川通/八坂神社/清水寺/八坂庚申堂/錦市場/二年坂/観光/京都観光/花見小路/抹茶/舞妓/修学旅行/旅行/四条/河原町/烏丸/京都カフェ/振袖/夏着物/単衣着物/ヘアセット/着付け/安い/最安値/着物体験/近い/駅/駅近/祇園四条駅/インスタ

浴衣で行こう!五山の送り火

皆さん、こんにちは(*’▽’)

毎日暑い日が続いていますが体調などは崩されていませんか?

お盆の時期になり京都はお子様連れのファミリーや
お友達グループ、海外の観光の方などたくさんの方が
訪れて下さっています。
そんなお盆の時期に京都で行われる五山の送り火を皆さんは御存知でしょうか?

8月16日、明日行われる京の夏の夜空を彩る風物詩!

祇園祭とならぶ京の夏を代表する行事のひとつです。

ご先祖の霊をお送りするという、精霊送りの意味を持つお盆の行事です。

この送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られており、

それゆえ送り火の代名詞のごとくいわれているますが

他にもあるんですよ!

金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、

松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」

、西賀茂船山の「船形」、

嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があります。

この5つが順番に点火されます。

 

東山如意ケ嶽の「大文字」が午後8時点火

☆観賞スポット  京都御苑・蛤御門、賀茂川堤防(出町柳周辺)、清浄華院など

松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」が午後8時5分点火  

☆観賞スポット  北山通(地下鉄松ヶ崎駅周辺)、高野川堤防など

西賀茂船山の「船形」が午後8時10分点火」

☆鑑賞スポット  北山通(北山大橋から北西)、船岡山など

金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」が午後8時15分点火

☆鑑賞スポット  西大路通、わら天神交差点北、船岡山など

北嵯峨の水尾山(曼荼羅山)「鳥居形」が8時20分点火

☆鑑賞スポット  広沢池、渡月橋、法輪寺など

 

見たい送り火の場所をチェックして楽しんでください(*’ω’*)

火が消えた後の闇の暗さに、夏の終わりを惜しみ、秋の訪れを感じる、

そんな悲喜こもごもの情感が送り火を一層情趣深いものにしています。

送り火についてもっと知れば、いつもとは違った楽しみ方ができるかもしれません。

五山の送り火の日はたくさんの方が浴衣で京都の町にいらっしゃいます。

京都の夏の風物詩を浴衣で体験してみてはいかがですか??

夢美人ではたくさんの浴衣や夏着物をご用意しております。

きっと皆さんのお気に入りの一着に出会えると思いますよ♪

まだまだ続く暑い京都で素敵な思い出を作ってみませんか(*’ω’*)