メインイメージ

以外と知らない、着物を選ぶ際のサイズはどのくらいが良いの!?

image03

レンタル着物を利用する際に迷うのが「サイズ」だと思います。
昔は着物と言えば自分の身丈に合わせて仕立てるのが一般的でした。
しかし最近では既製品と呼ばれるものが多くなり、サイズも「Sサイズ」「Mサイズ」「Lサイズ」から選べるようになりました。
特に手頃な価格で購入できる浴衣はS~Lサイズ表示で販売されていることが多いと思います。
ただ、自分にピッタリ合うサイズの着物を着るには、サイズをきちんと把握しておくことが大切です。
一般的な着物のサイズは身丈が4尺(152センチ)で裄丈が1尺6寸5分(62.5センチ)と言われています。
これはあくまで昔のサイズなので、現代の方には小さいと思います。
最近の方々の身長は160センチが平均的で、女性でも170センチ近くある方がたくさんいらっしゃいます。
着物の身丈は、基本的に身長と同じ長さがちょうど良いです。
もしぴったりのサイズが無い場合は、前後5センチほどなら特に問題はありません。

レンタル着物を利用する際に、サイズ以外で迷うのが「色」ではないでしょうか。

着物のことはよく分からないけれど、せめて自分に似合う色の着物を選びたいとおっしゃるお客さまが多いのは事実です。
着物にはさまざまな色がありますので、その中から自分に合ったものを選ぶのは確かに悩んでしまいがち。
実は自分に合った色の選び方は、意外と簡単なものです。
「顔との相性を見ること」だけ。
顔立ちがはっきりとした方でしたら、原色などはっきりとした色合いの着物がよく似合います。
逆に顔立ちが純日本人的な優しい方でしたら、淡い色合いの着物が似合うでしょう。
また、普段着ている洋服の中で自分に一番似合うと感じている色と同じような色合いの着物を選ぶのも一つの手です。
ただ、レンタル着物は決して着物を購入するわけではありませんので、それほど慎重にならなくても大丈夫です。
自分に似合うか分からないけれど、普段はあまり選ばない色合いのものを着るのも楽しいものです。

そしてもう一つ、着物を選ぶ上で迷いがちなのが「柄」ではないでしょうか。

着物には小花柄などの小紋柄や、大きめで華やかな柄、無地に近いシックな柄などさまざまなものがあります。
当店でご用意している着物もさまざまなものがございます。
自分の好みに合わせてお選び頂くのが一番ですが、やっぱり自分に似合うものを選びたいとおっしゃられるお客さまが結構いらっしゃいます。
例えば、身長の低い方であれば小ぶりな柄「小紋柄」の着物がよく似合います。
逆に身長の高い方でしたら大胆な柄の着物が似合うと思います。
細身の方ならシックなもの、ふくよかな方でしたら縦方向の柄が似合うと言われています。
ただ、レンタル着物においては、一番目についたものをお選びになられることが一番良いのではないかと思います。
色にしても柄にしても「これが着たい!」と感じたものを選ぶことが、その後の京都散策の楽しさを増してくれるのではないでしょうか。

当店では、着物や帯などを選ぶ手間を省いた「お手軽プラン」をご用意しております。

着物、帯、かばん、ぞうりがセットになっているので選ぶ手間がありません。
セットになっているものから、お好みのものをスムーズにお選び頂けるのでおすすめです。
「気軽に着物が着てみたい」「選ぶ時間がもったいない」「リーズナブルな方が良い」とお考えの方のおすすめのプランです。
もちろん、自分の好みに合わせて着物や帯、かばんなどを選べるプランもご用意しております。
自分の好みのアレンジでとお考えの方には「選べる着物プラン」。
より本格的により可愛く着物を着こなしたいという方には「本格装いプラン」。
そして高級な着物を着てみたいという方には「高級ブランドきものプラン」をおすすめしております。
ご希望とご予算に合ったプランをお選び頂くことができますので、どうぞお気軽にご利用下さいませ。

花見シーズン到来!レンタル着物を着て巡る京都の桜スポットとは

image01

京都にはたくさんの桜スポットがあることをご存知でしょうか。
国内外からの観光客で賑わう古都京都に花見シーズン到来です。
歴史的建造物とピンク色の桜のコントラストはとても美しいものです。
中には夜間ライトアップされるスポットもあり、幻想的な雰囲気に包まれます。
レンタル着物を着て京都の桜スポットを巡るなんてとても素敵だと思いませんか。

そこで、今回は京都で人気の桜スポットをご紹介したいと思います。

■円山公園

日本において最も古い公園として知られている円山公園は、明治19年に誕生しました。
日本古来の回遊式庭園になっており、美しい庭園が観光客から人気を集めています。
円山公園で最も有名なのが園の中央にある桜です。
通称「祇園の夜桜」と呼ばれるとても有名な枝垂れ桜です。
円山公園は京都随一の桜の名所であり、シーズンになると公園全体が桜の花に包まれます。

■高台寺

近くに清水寺があるため、清水寺経由で高台寺を訪れる方はとても多いと思います。
「ねねの寺」として有名な高台寺は、豊臣秀吉の妻「ねね」が開いたお寺です。
秀吉の死後、亡き夫を弔うために建立したものです。
寺も美しいのですが、それ以上に庭園の美しさが観光客に人気です。
桃山時代を感じられる華やかな庭園には、シーズンになると桜が咲き誇りとても美しい姿を見ることができます。
約50本の桜があるのですが、その中でも方丈前の庭に咲くシダレザクラは鮮やかで美しいものです。
夜にはライトアップもされ幻想的な光景を見ることもできます。

◇夜のライトアップ2018年3月9日(金)~5月6日(日)午後10:00まで

■清水寺

京都きっての人気寺院「清水寺」には、約1500本の桜が咲き乱れます。
かの有名な「清水の舞台」から眺める桜はまさに絶景!
清水寺は世界遺産にも登録されている歴史ある寺院です。
そんな歴史ある素晴らしい寺院で美しく咲き乱れる桜も楽しめるなんて何だか得した気分になれます。
桜の時期は夜の特別拝観期間が設けられています。
その期間中だけライトアップされるのでぜひ行ってみてください。
昼間とは違った幻想的な雰囲気の清水寺&桜は一見の価値ありです。

◇夜の特別拝観2018年3月30日(金)~4月8日(日)18:00~21:00

■平安神宮

パワースポットとして観光客に人気の平安神宮。
着物が映える朱塗りの美しい神社は、1895年(明治28年)に建設されました。
意外と歴史は浅いのですが、国の重要文化財に指定されるほど素晴らしい神社です。
平安神宮で有名なお祭り「時代祭」は京都三大祭のひとつで、毎年10月22日におこなわれています。
明治時代から平安時代までのそれぞれの衣装に身を包んだ人々が行列をなし、京都御所から平安神宮まで練り歩く様は時代がタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。
時代祭りは国内外からの観光客に高い人気を誇っています。
そして平安神宮はパワースポットと言われていますが、なぜそう言われているのか気になりませんか。
平安神宮は方角を司る4つの神様が存在するのに相応しい「四神相応」です。
四神相応は、邪気が遮断され、長寿、無病、幸福を呼び込みとされていることから、パワースポットと言われるようになりました。
そんな平安神宮も京都きっての桜スポットです。
ベニシダレザクラが美しく咲き誇るその様は平安時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。
東神苑の栖鳳池の水面に映る桜もまた美しく、観光客を魅了しています。
平安神宮もまた夜桜を楽しめます。

今回ご紹介した京都で人気の桜スポットは、レンタル着物を着て巡る人気の名所でもあります。
花見シーズンに京都を訪れるのであれば、ぜひ行ってみてください。

着物をレンタルしたらこれを知っておいたら便利!着物を着崩れさせない工夫とは

image02

着物レンタルを利用して京都の街を散策するにあたり、どうしても気になることがあると思います。
それは「着崩れしないかどうか」です。
夢美人ではプロが着付けをしますので、一日京都散策をしても着崩れしにくいのですが、お客さまの動作によっては着崩れしてしまうこともあります。
特に年齢の若いお客さまは、着物を着ることに馴れていないため、動作が激しくなってしまうことがあるようです。
そこで、ここでは着崩れしやすい動作や着物をきれいに着る心得、そして着崩れしてしまった際のお直しのポイントをご紹介したいと思います。

着崩れしやすい動作と対処法

着物が着崩れしやすい動作はたった一つです。
「歩き方や所作が大き過ぎる」のが原因です。
洋服を着ているときと同じように動いてしまうと、どんなに綺麗に着付けをしても崩れやすくなってしまいます。
大またで歩いたり、動きが大きすぎることで徐々に崩れてきてしまうものです。
着物や浴衣を着た際には、少し内股気味に歩幅を狭くして歩くようにすれば着崩れし難くなります。
また、できる限り腕を上にあげない事や、上半身を無駄にひねらないことも大切です。

着物をきれいに着る心得

着慣れた着物姿の女性はどこか上品で美しく見えるものです。
それは着物が美しいのではなく、その方の動きが美しさを助長しているからです。
着物をきれいに着るのはもちろん着付けも大切ですが、着物を着た後の動作によっても美しさに違いが出てくるものです。
着物を着ると自然と姿勢が良くなると言われていますが、あまり着物を着慣れていない方は意識することで美しく着こなすことができます。
まず姿勢は肩を落とし、背筋をピンと伸ばしましょう。
歩く際は少し内股気味に歩幅を狭くすることで美しさが増します。
体の中心に力を入れるようにしながら歩くと自然と内股で歩くことができます。
歩く際に下駄や草履を引きずったり、音を立てないように気をつけましょう。
当店では着物に合う「かばん」もセットになっております。
かばんは左手で持ちましょう。

■階段の昇り降りの心得

京都には階段が続く観光名所がたくさんあります。
そのため着物で階段を昇り降りする機会もあるでしょう。
階段の昇り降りはどうしても着物の裾が乱れてしまいがち。
それを防ぐために、右手で裾を軽く持ちましょう。
そして、体の向きを階段に対して少しだけ斜めにすると昇り降りしやすくなります。

■椅子に座る際の心得

椅子に座る際には、帯をつぶさないように注意しなくてはなりません。
洋服であれば、椅子の背もたれに寄りかかっても良いのですが、着物を着ている時はそれはタブーです。
椅子にもたれずに浅めに座るのがポイントです。

■食事の際の心得

食事の際は、帯をテーブルにつけないように注意しなくてはなりません。
帯とテーブルの間に10cm弱ほどの隙間ができるように座りましょう。
テーブルの上のグラスを取る際に裾を汚さないように、裾を手で抑えること、そして食べこぼしを防ぐために膝にはハンカチをかけましょう。

【着崩れしてしまった際のお直しのポイント】

着物が着崩れてしまった!そんな時に自分でできる簡単なお直しのポイントを紹介します。

■帯が下がってきてしまう

帯が緩んで下がってきてしまった時は、タオルを折って帯に挟み込みましょう。
タオルが見えないようにきちんと挟み込むのがポイントです。

■衿元が緩んでしまった

衿元の緩みを直すなら、袖付け止まりから脇縫い止まりまでの明き部分(身八つ口)に手を入れて衿を引っ張ります。
胸元が緩んでいる場合は、帯の下の着物部分(おはしょり)を下に引っ張りましょう。

■背中と腰部分が緩んでしまった

背中側の帯の下の着物部分(おはしょり)を下に軽く引っ張ります。

 

知らなきゃ損!ひなまつりは着物でコーディネートをしよう

image03

ひなまつりは、女子の健やかな成長を祈る節句です。
雛人形を飾り、ちらし寿司やハマグリのお吸い物を食べてお祝いする伝統行事です。
ひな祭りの起源は明確になっていませんが、平安時代の京都では既に行われていたとする記録が残されているそうです。
最初はお祝い事ではなく、女の子の遊びであったそうです。
江戸時代になると雛飾りを嫁入り道具の一つとして嫁ぐ娘に買っていたようです。
雛人形は宮中の殿上人の装束を模しています。
だから雛人形は高貴で美しいのです。

そんな女子のお祝いに大人も子供も雛人形のように着物で着飾ってみてはいかがでしょうか。
雛人形は女の子の憧れです。
素敵な十二単の着物を着たお雛様、そしてお雛様とはちょっと違った三人官女など、着物を着た綺麗で可愛らしいその様はずっと見ていても飽きることがありません。
ひなまつりを楽しみにしている女の子は多いのではないでしょうか。
そんな綺麗で可愛らしい雛人形にようになるには着物を欠かすことができません。

ひなまつりの日は大人も子供もレンタル着物を利用されてみてはいかがでしょう。

当店ではお子様用の着物もご用意しております。
華やかで可愛らしいお雛様のような着物がひなまつりに適しています。
お母さんと娘さんでコーディネートするのも素敵です。
親子で着物を着る機会はあまりないと思います。
ひなまつりといった伝統行事を利用すれば、毎年着物で親子コーディネートが楽しめます。
毎年違う着物をレンタルすれば、その都度新鮮な気持ちでひなまつりを楽しむことができるに違いありません。
当店は伝統から流行柄まで約200種類もの豊富な着物をご用意しております。
ひなまつりに着物を着て楽しむだけでなく、ご自分が着る着物やお子さんが着る着物を選ぶ楽しみもございます。

また、当店ではレンタル着物だけでなく、お持込頂いた着物の着付けも承っております。
お持ちの着物をご持参頂ければ、プロの着付師が苦しくなく綺麗に着付けをさせて頂きます。
また、当店では専門美容師によるヘアセットも承っております。
ヘアセット専門サロンで経験豊富な美容師が着物に似合うヘアスタイルに綺麗に可愛く仕上げます。
着付けのヘアセットも当店だけで済みますので便利にご利用頂けると思います。

着物で着飾ってひなまつりなんてとっても素敵です。

最近では初節句以外の「ひなまつり」については、雛人形を飾るだけといったご家庭が多いと思います。
でも、ひなまつりは何歳になってもお祝いしたい古来からの日本の伝統行事です。
お子さんが日本の伝統文化に触れることのできる大切な日ではないでしょうか。
そんな大切な日に日本伝統の衣装である着物を着てお祝いするのはとても素晴らしい事だと思います。
毎年1度、大人も子供の着物で着飾ってお祝いすれば、家族の絆も深まるのではないかと思います。

京都では今でもさまざまな神社でひなまつり行事が行われています。

「流しビナ」もその中の一つの行事です。
京都のひなまつり行事の中でも「市比賣神社(いちひめじんじゃ)」のおまつりはとても珍しい事で有名です。
大きなひな壇の上に、本物の人が男びな、女びな、三人官女、五人ばやしに扮して勢ぞろいします。
無病息災を祈願する京都のひなまつり行事に、親子で着物を着て参加するのもまた楽しい思い出になるでしょう。

着物を親子で楽しむ行事は他にもたくさんあります。

お正月、七五三、夏祭り、秋祭りなど着物を着て楽しめるイベントがたくさんあります。
そういったイベント事に、当店のレンタル着物をご利用頂ければ幸いです。
当店では一般的な着物だけでなく、浴衣のレンタルプランもご用意しております。
大人だって浴衣で夏祭りを楽しむのも良いものです。
「昔買った浴衣は古くなってしまったから」「新しい浴衣を買うのはちょっと・・・」と思っている方に、ぜひ当店の浴衣プランをご利用頂ければと思います。

雨の日でも諦めない!着物に似合うおすすめの傘をご紹介

f03eb424ce23b89de0f6a032b3704da6_m

雨の日はとっても憂鬱。
雨の日に出かけるだけでも憂鬱なのに、雨の日に着物を着て出かけるのはもっと憂鬱です。
「裾が汚れてしまう」
「せっかくセットして髪型が崩れてしまう」など憂鬱になる事がたくさんあります。
しかし、雨であっても着物を着て行きたい!
そんな時は気分が上がる「和傘」を差してお出かけしてみてはいかがでしょうか。
和傘は普通の傘とは違って、着物に良く似合うものです。
雨の日しか持つことができない和傘で着物美人に拍車をかけてみてはいかがでしょう。
そこで、今回は着物に似合うおすすめの傘を紹介していきたいと思います。

まず普通の傘の種類は「長傘」「折りたたみ傘」「和傘」と3つに分類することができます。
長傘は、一般的に折りたたみのできないもので一番良く利用されているものです。
長傘の中には親骨の長いものや短いものなどあり、好みのよって選ぶことができます。
折りたたみ傘は、親骨が折りたためるタイプのものを指しています。
折り畳み傘には2段折タイプ、3段折タイプ、自動開閉タイプと3種類あります。
長傘、折りたたみ傘ともにさまざまな柄があるので、着物に似合いそうなものを選ぶことが可能です。
和柄のもの、柄がなくシンプルに色だけのものなど着物に合うものがたくさんあります。

ただやはり着物に最も似合うのが「和傘」ではないでしょうか。

和傘の種類

和傘とは言ってもいくつか種類があります。
和傘は着物が最も映える傘と言って良いでしょう。
和傘があれば雨の日だって楽しくお出かけすることができるに違いありません。

■番傘

番傘は主に男性が持つ傘です。
時代劇などで良く男性が差しているのがこの番傘。
太い竹の骨に和紙が張られており、そこに油が塗られているので雨の日に使用します。

■和傘

和傘の材料は主に竹です。
竹で骨と軸を作り、そこに和紙や布を張って完成させたものです。
和紙や布は、防水加工されたものが使用されているため、雨の日に使用するのが一般的です。
京都では舞妓さんや芸子さんが愛用しています。

■舞傘(日傘)

日傘をはじめ、日本舞踊などの日本伝統の踊りに使用される傘です。
ただ、番傘や和傘と違って防水加工がなされていないため、雨の日に使用することはできません。

以上が和傘の種類です。
最近では和傘の中でも蛇の目麻柄や桜柄など、おしゃれで可愛らしいものもたくさんあります。
どんな着物を着たとしても和傘は着物に似合いますので、好みのものを選ぶと良いでしょう。

では先にご紹介した一般的な傘で着物に合うものと言えば、どのようなものが良いのでしょうか。
確かに長傘は雨の日に差しやすいのですが、雨が止んだ時に邪魔になりがちです。
それを考えると折りたたみタイプの傘の方が良いかもしれません。
小さく折りたたむことのできる3段折タイプの折りたたみ傘なら、雨が上がった時にバッグに仕舞うことができます。
落ち着いたシックなデザインの折りたたみ傘は和装を好む女性に人気があります。
着物を着る若い女性に人気が高いのが、フラワーパイピングの折りたたみ傘です。
傘を開いたときにお花の形にデザインされているので、雨の日でも楽しい気分になれます。
また、あえて表側はシンプルに柄が入っていないのに、自分だけに見える内側に可愛らしい柄が入っているものも人気です。
空からは雨が降っているのに、傘を見上げるとお気に入りのデザインが広がっていれば気分も上がります。

このように、傘にはたくさんの種類・柄があります。
個人的な好みもありますが、雨の日の着物でのお出かけでも楽しめる傘を選ぶことが大切です。
普段使いもできる着物にも合う傘を選ぶのも良いと思います。
当店では雨傘も販売しております。
ただ、日傘・和傘の販売は行っておりませんのでご注意ください。