メインイメージ

観光だけじゃない!結婚式などのイベントに着物を着るメリットとは

image01

京都で人気のレンタル着物。
レンタル着物で京都散策をするのが近年のトレンドになっています。
学生さんから年配の方まで幅広い世代に人気の京都のレンタル着物は、国内だけでなく海外からの観光客にも高い人気を誇っています。
そのため、レンタル着物は「観光利用」とのイメージが強いと思います。
しかし、レンタル着物は決して観光客だけのものではありません。
「結婚式」「お茶会」「お子さんの入学式や卒業式」「夏祭りやお正月といった季節行事」などのイベントにご利用頂く事も可能です。
そういったイベントで何を着たら良いか迷った時にレンタル着物を利用すれば、いつもとは違った自分になれるでしょう。

着物に興味はあるものの、普段の生活で着る機会はなかなかありません。
昔の日本人は普段から着物を着るのが当たり前でした。
しかし「洋服」が当たり前に着られるようになってからは、普段から着物を着る女性をあまり見かけなくなってしまいました。
ただ、やはり日本人に一番似合うのは「着物」です。
さまざまなイベントの際に「何を着たら良いか」悩む女性はとても多いと思います。
洋服、スーツ、ドレスなど幾つもの選択肢はあると思いますが、日本人が一番似合う着物を選んでみてはいかがでしょうか。
イベントに着物で出席すれば、場の雰囲気も華やかになりますし、いつもとは違った「あなた」の雰囲気に友人や知人はきっと驚かれることでしょう。

イベントに着物を着るメリット

1.好感度UP

着物は特別な印象があると思います。
着物を着ることで自然と女性はより女性らしい雰囲気をもった仕草になります。
女性らしく凛とした着物姿は、誰もが好感を抱くはずです。
男性も女性も老若男女共通して、着物を着る方に対しては表情が和らぐものです。
特別感のある着物を結婚式をはじめとしたイベントに選び着るだけで、幅広い方から好感を持っていただけるでしょう。

2.体系カバーになる

着物は日本人の体型が一番似合うと言われています。
日本人は古来からなで肩の特徴があります。
ただ、なで肩が故に着たいと思った洋服が似合わないなんて事もあると思います。
着物はそんななで肩の日本人の体型が一番良く似合うものです。
細い体型であっても、ふくよかな体型であっても、着物はその体型をカバーしてくれるものです。
身長においても、高い方、低い方どちらとも着物は長さを調整することができるので問題なく着ることができます。

3.流行りがないのでいつまでも着ることができる

洋服は毎年流行りが変わります。
去年流行っていた服を翌年着ようとすると流行遅れになってしまい、まだ着れるのにタンスの肥しになってしまうなんて事はありませんか。
気に入っていたのに、どこか流行遅れだと思うと着るのを躊躇してしまいがち。
そうなると、今流行の服を購入しなければならず、あまり経済的ではありません。
一方、着物にはそこまで大きな流行り廃れはありません。
そのため何年前に購入した着物であっても小物を変えるなどの工夫すれば、そんなに流行を気にすることなく着ることができます。

4.何を着るか迷った時の救世主

着物は結婚式や子どもの入学式・卒業式などのイベントで何を着るか迷った時の救世主になります。
レンタル着物を利用すれば、そのイベントに合った着物を選ぶことができますし、毎回違った着物を着ることができるので、とても便利です。
1年の内に結婚式がいくつも重なるなんてこともあります。
そんな時でも大丈夫です。
毎回違う着物をレンタルすれば、招待されている人が被っていたとしても常に新鮮な姿を披露することができるでしょう。
迷った時の救世主「着物」は、レンタル着物を利用するのが一番お得です。