メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > レンタル着物した際もこだわる着物に合う防寒グッズとは?

レンタル着物した際もこだわる着物に合う防寒グッズとは?

肌寒くなりコートが活躍する日が増えてきました。
着物は洋服と同じように季節によって装いが変わります。
気候にあった生地、仕立ての着物を身に着け、10~5月は袷、6・9月は単衣、7・8月は薄物を着ます。
レンタル着物夢美人でも10月から袷に衣替えしました。
袷の着物は、裏地の胴裏と八掛をつけて仕立てた着物です。
着物は種類に合わせて季節感のある柄、色を楽しみます。
冬のモチーフには、雪、梅、柊、水仙、南天、凧、羽子板、こま、宝尽くし、干支などがあります。
今の季節は袷を着る季節ですが、寒さが日に日に厳しくなり、防寒対策が必要です。
気を付けるポイントは首元、袖口、足元です。

冬の寒い日でも着物を楽しめる防寒グッズをご紹介します。

インナー

防寒専用の和装インナー

保温効果の高い素材でできています。
頻繁に着物を着る場合は専用着を購入することが望ましいでしょう。

ヒートテック

肌襦袢の下に着るインナーにヒートテックを使うこともできます。
衿元を綺麗に見せるために首元が空いたものが適しています。
袖口のことも考えるとV字型で七分丈のものがお勧めです。

足元

頭寒足熱という言葉があるように足元を温かくすることは防寒対策で欠かせません。

冬用足袋

冬用に裏地がついている足袋があります。
通常の足袋で防寒対策を行う場合は、いつもよりもワンサイズ大きな足袋を選びます。
丈の短い靴下を履き、その上に足袋を重ねると温かいです。

レギンスやスパッツ

普段着の防寒対策で着ているレギンス、スパッツも利用できます。
平地では分かりにくいのですが、段差があるところを歩くと見えるので、柄物や色が濃いものは避けましょう。
また、フォーマルな場ではあまりお勧めできません。

ブーツ、雨草履など

着物を着るときは草履を履きますが、冬は天候に恵まれない日に着物を着ることもあるでしょう。
雪や雨などの悪天候の場合、通常の草履だと歩きづらく汚れてしまう可能性があります。
雨よけカバーのついた草履や防水加工された草履が便利です。
防寒をするなら足先が冷えないように対策することが必要です。
外観の良さは少し欠けてしまいますが、シンプルなショートブーツは歩きやすく防寒に良いでしょう。
移動時にブーツを着用して室内に入ったら草履に履き替える手段もあります。

首元

ショール、ストール

普段使いのものを防寒用に代用できます。
着物に合う落ち着いたデザイン、色のものを選びましょう。
うなじや身八つ口(みやつくち)を覆うと温かくなります。
身八つ口とは、袖付け止まりから脇縫い止まりまでの開いた部分を指し、女性用着物と子供用着物についています。
手の動きを自由にしたり、おはしょりや襟元を整える役割もあります。

手元

手袋

着物は袖口が広く袂が開くため、風が吹くと体感温度がグッと下がります。
丈が腕まである長めの手袋がお勧めです。

全体(羽織もの)

普段着のコートではサイズが合わなかったり、デザインが着物に適さなかったりします。
着物姿にふさわしい羽織ものを紹介します。

羽織

袷を着る10月から5月にかけて着用します。
衿は外側を折り返します。

道行

衿が四角形をしているのが特徴です。
室内に入るときは脱ぎましょう。

道中着

着物の上に羽織り、前についている紐で留めます。
衿まわりが着物のように開いています。
道行と同様に室内に入るときは脱ぎましょう。

和洋兼用コート

着物だけでなく普段着にも使用できるコートです。
フォーマルな場にも着て行くことを想定するとベルベット生地、黒やグレー地の落ち着いたものがお勧めです。

ポンチョ、ケープ

袖口がなく、着物の上にそのまま羽織れて便利です。
丈はやや短めです。

着物を着るときに役立つ防寒グッズをご紹介しました。
レンタル着物夢美人では、着物を着て快適にお出かけできるように羽織やショールをご用意しています。
寒い日も防寒対策をして着物姿で京都を楽しみましょう。