メインイメージ

京都祇園着物レンタルホーム > コラム > 冬も大人気!レンタル着物を着て冬におすすめ京都のあったか甘味を楽しもう

冬も大人気!レンタル着物を着て冬におすすめ京都のあったか甘味を楽しもう

京都は日本ならではの四季の趣を感じられる歴史ある街です。
春には桜が咲き乱れ、都をどりや葵祭が催されます。
夏は梅雨頃の紫陽花が美しく、祇園祭、京都五山の送り火が有名です。
秋になると錦色に染まる紅葉が人々を魅了します。
冬は寒さが厳かで、年末に向けて数々の行事が行われます。
京都はどの季節も見どころ満載で、飽きることがありません。
これから迎える冬は冷え込みが厳しく屋内で過ごすことや休憩所を利用することが多くなるでしょう。
京都は観光名所が多いことで有名ですが、甘味処もたくさんあります。

冬に訪れたいお勧めのお店を一部ご紹介します。

茶寮都路里

京都市内に3店舗あり、宇治抹茶とスイーツを楽しめるお店です。
お店は祇園、京都駅近郊(伊勢丹内)、高台寺にあります。
都路里は和素材を用いたパフェで有名ですが、冬は季節限定の都路里ぜんざいを食べることができます。
本場の抹茶もお勧めです。

京洋菓子司 ジュヴァンセル祇園店

厳選された旬の素材を用い、京都の風土を活かしたスイーツが一押しのお店です。
焼菓子、ケーキ、アイス、チョコレートなど様々な種類のお菓子があります。
寒い時期に是非食べて欲しいのが祇園フォンデュです。
宇治抹茶をふんだんに使った抹茶チョコレートに和スイーツやフルーツをつけて食べます。
和洋折衷の斬新なメニューで大人気です。

ぎおん徳屋

祇園南で常に行列ができている人気店です。
素材にこだわりがあり、丹波産の大粒大納言小豆、国産の和三盆、本わらび粉を使用しています。
名物は本わらび餅です。
冬は餅焼きぜんざい、餅焼きしるこがお勧めです。
甘すぎず上品な味わいです。

かさぎ屋

大正3年に創業した風情あふれる老舗です。
お店は二寧坂の石段の脇にあり、店内は創業時から変わっていません。
じっくり炊きあげられた丹波産大納言を使った京都ぜんざいは優しい甘さです。
七輪で焼き上げた餅は香ばしくどこか懐かしさを感じます。
竹久夢二も通っていた名店の味を堪能できますよ。

老松 嵐山店

老松は婚礼菓子、茶席菓子、京菓子を中心に製作しているお店です。
嵐山店の茶房「玄以庵」では、甘味とお茶を楽しめます。
名物はオーダーごとに作るわらび餅です。
寒い日には栗ぜんざいを食べると体が温まります。
季節ごとに変わる彩り鮮やかな和菓子も綺麗です。

茶寮宝泉

お店は下鴨神社の近くにあり、日本庭園を眺めながらお茶とお菓子を味わえます。
冬のお勧めメニューは栗しるこ、丹波大納言小豆ぜんざい、丹波白小豆ぜんざいです。
中でも一押しは丹波白小豆ぜんざいです。
白小豆は栽培が難しく、流通量が少ないため稀少で高価な小豆です。
白小豆ぜんざいを置いているお店は珍しく、なかなかお目にかかれないでしょう。

あのん

あのんは古き良き町屋の名残があるお店です。
祇園四条駅から徒歩3分のところにあります。
あのんはあんこを使った和洋の域を超えたスイーツが絶品です。
冬に行くなら季節限定のあんフォンデュ、京ぜんざい紅白がお勧めです。
あんフォンデュは白あんに西京みそが入っていて、甘くしょっぱい味がくせになります。

大極殿本舗 六角店

明治18年創業の老舗の和菓子屋さんで甘味所「栖園(せいえん)」を併設しています。
お店は烏丸駅から徒歩5分のところにあります。
築年数140年の店構えは風格があり立派です。
看板メニューは琥珀流しです。
月ごとに内容が変わり、季節感ある素材を楽しめます。
冬にお勧めしたいのは福かぶりです。
もちもち食感のお餅とねっとりとした濃厚なこし餡を楽しめます。
季節ごとに変わる暖簾もチェックしてみてください。

寒い日も温かい甘味を食べると、体が温まって元気が湧いてきそうです。
京都を観光する際は着物姿でのお出かけがお勧めです。
着物は季節により、仕立てと素材が変わります。
10~5月は袷(あわせ)、6・9月は単衣(ひとえ)、7・8月は薄物を着ます。
レンタル着物夢美人でも季節に合わせたお着物をお貸ししています。
寒さが厳しい冬には羽織、ショールのご用意もございます。
冬もレンタル着物夢美人で着物をお楽しみください。