メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > ブログ > 京都観光情報 > 浴衣で行こう!五山の送り火

浴衣で行こう!五山の送り火

皆さん、こんにちは(*’▽’)

毎日暑い日が続いていますが体調などは崩されていませんか?

お盆の時期になり京都はお子様連れのファミリーや
お友達グループ、海外の観光の方などたくさんの方が
訪れて下さっています。
そんなお盆の時期に京都で行われる五山の送り火を皆さんは御存知でしょうか?

8月16日、明日行われる京の夏の夜空を彩る風物詩!

祇園祭とならぶ京の夏を代表する行事のひとつです。

ご先祖の霊をお送りするという、精霊送りの意味を持つお盆の行事です。

この送り火としては東山如意ケ嶽の「大文字」がもっともよく知られており、

それゆえ送り火の代名詞のごとくいわれているますが

他にもあるんですよ!

金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」、

松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」

、西賀茂船山の「船形」、

嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」があります。

この5つが順番に点火されます。

 

東山如意ケ嶽の「大文字」が午後8時点火

☆観賞スポット  京都御苑・蛤御門、賀茂川堤防(出町柳周辺)、清浄華院など

松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」が午後8時5分点火  

☆観賞スポット  北山通(地下鉄松ヶ崎駅周辺)、高野川堤防など

西賀茂船山の「船形」が午後8時10分点火」

☆鑑賞スポット  北山通(北山大橋から北西)、船岡山など

金閣寺大北山(大文字山)の「左大文字」が午後8時15分点火

☆鑑賞スポット  西大路通、わら天神交差点北、船岡山など

北嵯峨の水尾山(曼荼羅山)「鳥居形」が8時20分点火

☆鑑賞スポット  広沢池、渡月橋、法輪寺など

 

見たい送り火の場所をチェックして楽しんでください(*’ω’*)

火が消えた後の闇の暗さに、夏の終わりを惜しみ、秋の訪れを感じる、

そんな悲喜こもごもの情感が送り火を一層情趣深いものにしています。

送り火についてもっと知れば、いつもとは違った楽しみ方ができるかもしれません。

五山の送り火の日はたくさんの方が浴衣で京都の町にいらっしゃいます。

京都の夏の風物詩を浴衣で体験してみてはいかがですか??

夢美人ではたくさんの浴衣や夏着物をご用意しております。

きっと皆さんのお気に入りの一着に出会えると思いますよ♪

まだまだ続く暑い京都で素敵な思い出を作ってみませんか(*’ω’*)