メインイメージ

☆御金神社☆

皆様こんにちは(*^▽^*)

今日は、御金(みかね)神社をご紹介したいと思います!

日本神話に登場する伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の皇子である金山毘͡古神(かねやまひこのかみ)が

ご祭神としてまつられています。

金山毘古神は鉱山・鉱物の神として、人間の生活の中で用いられる金属全般(剣、刀、鏡、鋤、鍬など)にご利益を授ける神様です。

現在では大型農耕具や印刷機、工場の機械に至るまで幅広くご利益を授け、

さらには通貨に用いられる金・銀・銅にもご利益があることから、資産運用や不動産、転宅、方位、厄除け、

旅行中の無事安全を護る大神として、広く崇められるようになりました。

もともとは民家の中にひっそりとまつられていましたが、

1883年に社殿が創建され、金神様の愛称で親しまれ地域の人たちに参拝されるようになりました☆

次回は

・黄金に輝く鳥居について紹介したいと思います(^^♪

<アクセス>

京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分

市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分

拝観時間   自由

拝観料    無料

住所     京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

お問い合わせ 075-222-2062

京都 レンタル着物 夢美人 御金神社