メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > 梅雨時期の着物の楽しみ方講座

梅雨時期の着物の楽しみ方講座

image1806_02

着物でお出かけしたいのにあいにくのお天気。
しかし、雨の日の京都も情緒あふれて趣深いものです。
今回は梅雨時期の着物の楽しみ方をご紹介します。

まずは雨が降ると足元が気になるものです。
足袋は白く汚れが目立ちやすく、草履が濡れると材質によっては傷んでしまいます。
歩いて泥はねしてしまうのも気になります。

そこで便利なお役立ちグッズの登場です。

・雨草履

雨よけになるカバーが草履にはじめからついています。
カバーが無色透明で着物姿の美しい外観が損なわれにくく、雨上がりなどで水たまりがあるときもお勧めです。
寒い日には足先を守ってくれて防寒対策にもなります。

・草履カバー

跳ね上げが心配な方は歯つきがあると安心です。
取り外しができるので、雨が降りそうなときに持っておきたいアイテムです。

・レインブーツ

大雨や雪など悪天候のときはおもいきってレインブーツを履くのも良いでしょう。
着物の裾は長く、金具がついていると引っかかるおそれがあるので、シンプルなデザインのものがおすすめです。
着物の丈が長いのでショートブーツにすると歩きやすいです。

・撥水性足袋

雨に濡れても良いように予備を持つと手荷物が増えてしまいますが、
撥水性のある足袋なら水をはじいてくれるので安心です。

次に着物です。

身に着けているものの中で一番気になるのは着物ではないでしょうか。
絹素材でできている着物は水に弱く、雨に濡れると縮んだりシミになってしまいます。
着物は一度縮んでしまうと戻らないので、深刻な問題でもあります。
また、泥はねなどで着物が汚れるのも心配です。
着物の雨の日グッズも合わせてご紹介します。

・ポリエステル、ナイロン素材の着物

値段もあまり高くないので、手軽に買えるところが魅力的です。
可愛い柄物も増えてきています。
クリーニングに出さずに家庭で洗濯できるので手入れもとても楽です。

・レインコート

着物が濡れないようにするための専用のレインコートがあります。
撥水加工されたコート地やポリエステル等の化学繊維で作られています。
一部式と二部式がありますが、用途や使いやすさで選びましょう。
一部式は羽織って前で結ぶだけの優れもので脱ぎ着が簡単です。
二部式は、一部式よりも少しお値段が高めで上下に分かれているため、一部式より着脱に時間がかかります。
安価で持ち歩きしやすいところがいいところです。
絹の着物を着る場合は特に雨が入り込んで生地を濡らしてしまわないように体型にあったレインコートを選びましょう。
レインコートは使う前に必ず裾丈が合っているか確認するのがポイントです。
和をモチーフにしたデザインや落ち着いた雰囲気のものもあるので、お気に入りのものを見つけて楽しんでください。

万が一、雨や泥などで着物がよごれてしまった場合は、信頼できるクリーニング店にお願いしてみましょう。
歩き方や所作が大きいと着崩れしやすくなります。
雨の日は特に着崩れは避けたいものです。
「ハ」の字を意識して内また気味に小股で歩くと良いでしょう。

最後にあると便利な小物や京らしさを演出するアイテムをご紹介します。

・和傘

和傘の種類は、大きく分けて番傘、和傘、舞傘があります。
番傘は男性に人気の傘で、太い竹の骨組にに和紙が張られています。
油が塗られているので水をはじき、雨の日に使うことができます。
和傘は竹で骨と軸が竹でできています。
防水加工された和紙や布が使用されているため、こちらも雨の日に使用できます。
舞傘はとてもおしゃれな雰囲気のデザインが多く、花柄は女性に人気があります。
絹でできているものは雨の日に使用できません。

・クリップ

レインコートを止めるときに便利です。
大きさも小さいので手荷物に入れておくと良いでしょう。

・傘たたみ

手を濡らさずに傘を綺麗にたためる画期的なアイテムです。
マグネット式なので、傘の柄が金属製ならつけておくことができます。
京風のデザインのものが多く可愛いです。

・撥水風呂敷

傘をさしていても風が吹くと雨が吹き込んで手荷物やバッグが濡れてしまうことがあります。
撥水風呂敷で手荷物やバッグを包んで置くと、濡れる心配がありません。
また、羽織ることもできるので、持ち歩いておくと便利です。

最近はデザイン性の高い雨の日向けのグッズが増えてきました。
普段と違った着物の楽しみ方ができるので、雨の日の京都も着物でご堪能ください。