メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > 着物にもTPOを理解しよう。TPOに合わせた着物を着るためには

着物にもTPOを理解しよう。TPOに合わせた着物を着るためには

image05

着物を着る機会はある程度限られていますが、礼装、訪問着などの略礼装、振袖、留袖、お洒落着などさまざまな着物がある中で、場面場面に応じた着物を選ばなくてはなりません。
また、日本には四季があるため、季節に合った素材や色、模様なども取り入れることが着物のマナーではないでしょうか。
今回は、TPOにあわせた着物を着るための「着物の選び方」「季節に合った着物の素材・色・模様」を詳しく紹介したいと思います。

季節にあった着物の素材・色・模様とは

季節に合った素材の着物を選ばなくては快適に過ごすことができません。

暑い夏に風通しの悪い素材の着物を着て外出するなんて考えられるでしょうか。
また寒い冬に薄手の着物を選んでしまうと寒くて仕方ありません。
まず、春は一越縮緬や綸子といったさらりとした素材のものが好ましいでしょう。
春はさまざまな花が咲く季節です。
日本を代表する花「桜」をはじめ、色とりどりの美しい花を連想させる色合い・柄のものを選びましょう。
初夏から初秋にかけては、肌触りが良く涼しい素材と言われている麻や紗を選びましょう。
初夏から初秋にかけてはやはり涼しげな色合いのものや、淡い色合いのものや柄を選びましょう。
秋や冬は古代縮緬や総絞りなどの厚みのある素材がおすすめです。
秋や冬には落ち着いた色合いのものや、温かみを感じられる暖色系のものが似合います。

着物でよくある柄が「桜」や「菊」「あやめ」など日本を代表する花々のものです。
基本的には季節問わず一年を通して着ることのできる柄なのですが、細かく描かれたものはその季節に着るのが暗黙の了解です。
桜は春、菊は秋と言うように、それ単体で、しかも細かく描写されているものは、季節を彩るものと捉えましょう。
ただ、桜や菊だけでなく、他の草花も描かれているようであれば、どの季節に着ても問題ありません。

TPOに合わせた着物の選び方

着物はシーンに合わせて選ぶのが一般的です。
ではどんな時に着物を着るのでしょうか。
「結婚式」「披露宴」「お子さんの入学式や卒業式」「お見合い」「お子さんのお宮参りや七五三」「園遊会」「パーティー」「お茶会」などではありませんか?
それではシーンごとにどのような着物を選ぶのが良いのか説明していきたいと思います。

■親族や仲人として結婚式や披露宴に出席する場合

結婚する新郎・新婦のお母様であれば「黒留袖」、その他親族で既婚女性であれば「色留袖」、未婚女性であれば「振袖」を選びましょう。
仲人として出席する場合は「黒留袖」を選びます。

■友人の結婚式や披露宴に出席する場合

ご友人や親しい方の結婚式や披露宴に出席する場合、既婚女性なら色留袖か訪問着がおすすめです。
未婚女性であれば振袖もしくは訪問着が好ましいでしょう。
ただ、訪問着の中には結婚式向きでないものがたくさんあります。
おめでたい場ですから、渋めの色合いのものでなく、淡い色合いのものや花柄模様、古典模様などの訪問着を選びましょう。

■お子さんの入学式・卒業式に出席する場合

お子さんの入学式や卒業式に着物で出席されるお母さんは多いと思います。
入学式や卒業式シーズンは春です。
そこで春らしい優しい色合いの訪問着がおすすめです。
あまり派手な模様のものではなく、色無地紋付などが良いと思います。

■お子さんのお宮参りや七五三の場合

こちらも優しい色合いの訪問着や色無地紋付がおすすめです。
暗い色、例えば紺や黒、茶色といったものは避けた方が無難です。
お宮参りや七五三の主役はあくまでお子さんですから、お子さんを引き立てるように色・柄のバランスを考えて選ぶのがコツです。

■園遊会やパーティー・お茶会に出席する場合

園遊会やパーティー、お茶会などでは会の趣旨に応じて着物を選びましょう。
基本的には色留袖や訪問着が好ましいと思います。
季節に応じて色や柄を選ぶのも良いでしょう。
少々畏まった席では、色留袖や訪問着、気楽な感じのお茶会には小紋や紬がおすすめです。