メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > 着物をレンタルしたら意識してみよう!着物美人がやるしぐさとは

着物をレンタルしたら意識してみよう!着物美人がやるしぐさとは

23d6e951d9c22f4a631ad273f4791ea0_m

着物をレンタルしたら、日本人らしいおしとやかな女性らしさを演出したいと思いませんか。
着物姿の女性が美しく見えるのは、顔や着物など見た目だけの話しではありません。
何気ないちょっとした仕草で美人度がアップするものです。
洋服よりも肌の露出が少ない着物は、奥ゆかしさのある日本人女性にとてもよく似合うものです。
しかし、洋服を着ている時と同じような動作や仕草をしてしまうと、せっかくの奥ゆかしさが台無しです。

当店「夢美人」は京都観光に最適な立地にあるレンタル着物店です。
「京都観光や京都散策をレンタル着物で・・・」とのお客さまが年々増加しています。
当店には、女性だけでなく男性のお客さまもご来店いただいております。
京都のレンタル着物・レンタル浴衣の人気店として、幅広い世代のお客さまからお選び頂いている当店だからこそ、お客さまが目指す「着物美人」に近づけるように、着物を着た際のさまざまなマナーや仕草をご紹介したいと思います。

履物の脱ぎ方

履き慣れない草履は、どのように脱いたら良いか分からない方が結構多いと思います。
靴と同じように脱いてしまう方も多いのですが、そでれは着物美人にはなれません。
草履を脱ぐ際は、まず上がり框に腰掛けましょう。
片足づつ、つま先を地面から浮かせ、重心をかかとにかけ、後に足をスライドさせます。
両足とも完了したら、今度は両足をそろえて上がり框に上がりましょう。
次ぎに脱いだ草履を揃えるために、体を斜めにしてしゃがみましょう。
左手を右手の袖に添えながら右手で履物を揃えます。
きちんとした脱ぎ方をすれば、上がり框に上がった時に草履もきちんと揃ってはいるのですが、それでも上がってから手で揃えるのが着物美人のしぐさです。
京都観光では、さまざまな場所で草履を脱ぐ機会があると思います。
その都度この仕草をすれば、誰の目にも「着物美人」に映るに違いありません。

あいさつ

座ったままでのあいさつ(座礼)、立った状態でのあいさつ(立礼)と2タイプにあいさつ方法があると思います。
座ったままあいさつをする際は、上半身を静かに曲げ、両手を畳みについてお辞儀しましょう。
立ったままあいさつをする際は、両手は膝の中間位に置き、腰を30度くらいに曲げてお辞儀しましょう。
会釈程度の挨拶の場合は、15度くらいに腰を折ると良いでしょう。
どのようなあいさつをするにも、心を込めてゆっくりと頭を下げると着物美人なお辞儀ができます。

座布団の座り方

まず、座布団に座るのは挨拶が終わってからにしましょう。
座礼の場合も、座布団の上ではなく、畳の上できちんと挨拶してから座布団に座るのがマナーです。
座布団に座る前に、座布団の横か後に正座します。
そして、座布団の中央近くに膝で移動してから座りましょう。
おいとまする際は、座布団から下りてから挨拶するように心がけましょう。

立ち姿の仕草

着物を着たら自然に背筋がピンと伸びるとは思いますが、普段猫背がクセになっている方は、油断するとどうしても猫背になりがちです。
着物美人の最低限の仕草と言えるのが姿勢の良さです。
頭の先から糸で吊られているかのように、背筋を伸ばしましょう。
そして体の中心に力を入れて、少々内股気味に立つのがポイントです。
両腕は、前で自然に重ねておきましょう。

椅子の座り方

椅子に座る際は、椅子に対して浅く座るのがポイントです。
深く座ってしまうと、せっかく結んだ帯が潰れてしまいます。
それに、浅く座った方が姿勢が良くなるため、傍から見ると着物美人に感じるものです。
また、きちんと膝を閉じて座るのも忘れずにしましょう。

食事の際のマナー

着物を着て食事をする際は、椅子に浅めに腰掛け、帯とテーブルの隙間はこぶし一つ分空けるようにしましょう。
そして、ハンカチを二つ折りにし、膝にかけておきましょう。
テーブルの上のカップやコップなどを取る際には、軽く袖口に手を添えるのがポイントです。
袖を気にせずテーブルの上の物を取ろうとすると、袖口が汚れてしまう可能性があります。
食事の際にも着物を着ていることを忘れないようにすれば、自然と着物美人らしい仕草ができると思います。