メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > 着物をレンタルしたらこれを知っておいたら便利!着物を着崩れさせない工夫とは

着物をレンタルしたらこれを知っておいたら便利!着物を着崩れさせない工夫とは

image02

着物レンタルを利用して京都の街を散策するにあたり、どうしても気になることがあると思います。
それは「着崩れしないかどうか」です。
夢美人ではプロが着付けをしますので、一日京都散策をしても着崩れしにくいのですが、お客さまの動作によっては着崩れしてしまうこともあります。
特に年齢の若いお客さまは、着物を着ることに馴れていないため、動作が激しくなってしまうことがあるようです。
そこで、ここでは着崩れしやすい動作や着物をきれいに着る心得、そして着崩れしてしまった際のお直しのポイントをご紹介したいと思います。

着崩れしやすい動作と対処法

着物が着崩れしやすい動作はたった一つです。
「歩き方や所作が大き過ぎる」のが原因です。
洋服を着ているときと同じように動いてしまうと、どんなに綺麗に着付けをしても崩れやすくなってしまいます。
大またで歩いたり、動きが大きすぎることで徐々に崩れてきてしまうものです。
着物や浴衣を着た際には、少し内股気味に歩幅を狭くして歩くようにすれば着崩れし難くなります。
また、できる限り腕を上にあげない事や、上半身を無駄にひねらないことも大切です。

着物をきれいに着る心得

着慣れた着物姿の女性はどこか上品で美しく見えるものです。
それは着物が美しいのではなく、その方の動きが美しさを助長しているからです。
着物をきれいに着るのはもちろん着付けも大切ですが、着物を着た後の動作によっても美しさに違いが出てくるものです。
着物を着ると自然と姿勢が良くなると言われていますが、あまり着物を着慣れていない方は意識することで美しく着こなすことができます。
まず姿勢は肩を落とし、背筋をピンと伸ばしましょう。
歩く際は少し内股気味に歩幅を狭くすることで美しさが増します。
体の中心に力を入れるようにしながら歩くと自然と内股で歩くことができます。
歩く際に下駄や草履を引きずったり、音を立てないように気をつけましょう。
当店では着物に合う「かばん」もセットになっております。
かばんは左手で持ちましょう。

■階段の昇り降りの心得

京都には階段が続く観光名所がたくさんあります。
そのため着物で階段を昇り降りする機会もあるでしょう。
階段の昇り降りはどうしても着物の裾が乱れてしまいがち。
それを防ぐために、右手で裾を軽く持ちましょう。
そして、体の向きを階段に対して少しだけ斜めにすると昇り降りしやすくなります。

■椅子に座る際の心得

椅子に座る際には、帯をつぶさないように注意しなくてはなりません。
洋服であれば、椅子の背もたれに寄りかかっても良いのですが、着物を着ている時はそれはタブーです。
椅子にもたれずに浅めに座るのがポイントです。

■食事の際の心得

食事の際は、帯をテーブルにつけないように注意しなくてはなりません。
帯とテーブルの間に10cm弱ほどの隙間ができるように座りましょう。
テーブルの上のグラスを取る際に裾を汚さないように、裾を手で抑えること、そして食べこぼしを防ぐために膝にはハンカチをかけましょう。

【着崩れしてしまった際のお直しのポイント】

着物が着崩れてしまった!そんな時に自分でできる簡単なお直しのポイントを紹介します。

■帯が下がってきてしまう

帯が緩んで下がってきてしまった時は、タオルを折って帯に挟み込みましょう。
タオルが見えないようにきちんと挟み込むのがポイントです。

■衿元が緩んでしまった

衿元の緩みを直すなら、袖付け止まりから脇縫い止まりまでの明き部分(身八つ口)に手を入れて衿を引っ張ります。
胸元が緩んでいる場合は、帯の下の着物部分(おはしょり)を下に引っ張りましょう。

■背中と腰部分が緩んでしまった

背中側の帯の下の着物部分(おはしょり)を下に軽く引っ張ります。