メインイメージ

京都レンタル着物ホーム > コラム > レンタルする前にまず知っておきたい「着物」のルール・マナーとは?

レンタルする前にまず知っておきたい「着物」のルール・マナーとは?

f715c6ebd2df59a11a4167f7d7c1cc74_s

着物は季節によって着用する種類に違いがある事をご存知でしょうか。
浴衣は夏に着るものと知っている方は多いのですが、その他の着物についてはあまりご存知ない方が多いです。
季節の着物の種類は大きく分けると3種類あります。
10月~5月に着用するのが「袷(あわせ)」、6月と9月に着用するのが「単衣(ひとえ)」、そして7月と8月に着用するのが「薄物(うすもの)」です。
これは着物を着る上での基本的なルールとなりますので、覚えておくと良いかもしれません。

袷(あわせ)には、春秋冬それぞれの季節に合った柄、模様、色があります。
季節に合ったものを選ぶことがマナーです。
例えば、春には春に咲く花をモチーフにしたもの、秋・冬はどこか落ち着いた雰囲気のものと言うように、TPOに合わせて着る着物を選ぶと良いでしょう。
単衣(ひとえ)は、着物の胴周りの裏地や、裾部分の裏地がなく、一枚で仕立てられています。
そして薄物(うすもの)は、暑い夏に着る着物です。
涼しげな印象になるような色や柄を選ぶことが大切です。

季節によって着物を選ぶのは、洋服と同じです。
着物レンタルでは、その季節に合ったものをご用意しておりますので、色々とアドバイスもさせていただきます。
しかしご自身でもっと着物を楽しむために、ここで少しだけ着物についての基礎をお伝えします。

シーンごとに違う着物の選び方

着物は季節だけでなく、シーンによっても選び方が異なります。
ここでは例を挙げて説明していきます。

■ 結婚式

家族、友人、知人などの結婚式に着物を着て行くという機会があるかもしれません。
結婚式で着る着物は「華やかなもの」を選ぶのがポイントになります。
年配の方でしたら、鶴などの古典的ないわゆるおめでたい柄が良いと思います。
若い世代の方の場合は、明るい色合いの無地や季節の花があしらわれたものなどが好まれます。
結婚式で白い着物を選ぶ方も中にはいらっしゃいますが、白は花嫁の色なので避けた方が無難です。
また、家族の結婚式以外では、黒の着物を避けるようにしましょう。

■ 入学式・卒業式

お子さんの入学式や卒業式に着物を着るなら、落ち着いた色合い・柄のものが好ましいでしょう。
淡い色合いのやさしい印象のものが適しています。
入学式や卒業式に似合う着物は、春の花がモチーフになっているものです。
桜は清楚なイメージがありますし、季節感があるので良いと思います。

■カジュアルなシーン

結婚式や入学式・卒業式以外のカジュアルなシーンで着る着物もやはり季節感を重視して選ぶことが大切です。
春なのに夏っぽい涼しげな着物を着たり、夏なのに暑苦しい柄の着物を着るのはあまり良くありません。
好みですから仕方ないと言えばそうなのですが、やはり着物は季節感が大切です。
また、年齢によっても似合う柄と似合わない柄があります。
若い世代であれば、大きめの柄のが良く似合います。
一方年配の方は小さめの柄のものが好ましいでしょう。

着物は幅広いシーンに対応できる日本伝統のものです。
それぞれのシーンに合った選び方をすることが求められています。
レンタル着物を利用するなら、季節感のある着物を選びましょう。
京都観光を存分に楽しむために、京都らしい上品な着物も良いです。
どれを選んで良いか迷った場合は、お店のスタッフに相談してみてください。
当店は京都で人気のレンタル着物・レンタル浴衣店です。
京都らしい古風な柄のものをはじめ、高級ブランド着物、季節感溢れる着物など幅広いラインナップからお選び頂くことが可能です。
約200種類もの豊富な着物をご用意してお待ちしておりますので、お気軽にお越し下さいませ。