メインイメージ

祇園祭

皆さんこんにちは(*’▽’)

毎日暑い日が続いていますが体調の方は大丈夫でしょうか??

熱中症に気を付けて水分はしっかりとるようにしてくださいね!

 

さて7月の京都といえば!!

皆さんもご存知かと思いますが

祇園祭です!!

祇園祭(ぎおんまつり)は、京都市東山区八坂神社(祇園社)の祭礼で、

明治までは祇園御霊会(ぎおんごりょうえ、御霊会)と呼ばれました。貞観年間(9世紀)より続き、

京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長いお祭です。

 祭行事は八坂神社が主催するものと、山鉾町が主催するものに大別され、

一般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多く、その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されています。

山鉾町が主催する諸行事の中でもハイライトとなる山鉾行事は、

山鉾が設置される時期により前祭(さきのまつり)と後祭(あとのまつり[1]の2つに分けられ、

山鉾行事は「宵山」(よいやま、前夜祭の意。前祭:7月14日16日・後祭:7月21日23日)、

「山鉾巡行」(前祭:7月17日・後祭:7月24日)が著名である。

八坂神社主催の神事は 「神輿渡御」(神幸:7月17日・還幸:7月24日)や「神輿洗」(7月10日7月28日)などが著名で、

「花傘連合会」が主催する花傘巡行(7月24日)も八坂神社側の行事といます。

 宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、

屏風祭の異名がある。

また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため、「動く美術館」とも例えられます。

 祇園祭は数々の三大祭のひとつに挙げられるお祭りです。

京都三大祭(他は上賀茂神社下鴨神社葵祭平安神宮時代祭)、

日本三大祭(他は大阪の天神祭、東京の山王祭神田祭)、

日本三大曳山祭(他は岐阜県高山市高山祭埼玉県秩父市秩父夜祭)、

日本三大美祭(他は前述の高山祭と秩父夜祭)のうちの一つであり、日本を代表する祭りです。

 

祇園祭の期間は京都に来て下さる観光客の方も多く大変賑わっています。

浴衣を着て京都の夏を満喫してみませんか??

夢美人ではレンタルの浴衣はもちろん夏着物や持ち込みの浴衣の着付けもしています。

着くずれせず、快適に過ごしていただけますよ♪

レンタルには下駄や可愛いカゴバックも含まれていますので

手ぶらでご来店して頂けます☆

IMG_2200